アパレル業界

アパレル業界の歴史についてご説明します。

アパレルの歴史とは

  • ファッションとは、英語で訳すると「流行」ということは知られています。衣服装飾品の流行とは、まさしく社会の全体の流れや動向に密接に関係しています。

    社会で何が行われていたか、どんな事件があったのか、どのような人が影響を及ぼしていたのかがとても人々の衣服や装飾品を変化させていったと解釈してもよいと思います。

    衣服の歴史ははるか原始時代までさかのぼります。当時は隠すことや守る為に衣を身にまとっていたことだと思います。それはファッションとはいえず、ファッションと言われる文化が始まったのは、14世紀中旬といわれ、15世紀には、急速に衣服や髪型といった身だしなみが変化する世の中になりました。

    現在のファッション、デザインに直接影響を与えているのは、19世紀中ごろが起源とされています。
    そして20世紀に入ってからのファッションは、多種多様で、シャネル、クリスチャンディオールなど、現在でも隆盛を極めるデザイナーブランドが初頭から中頃に出現し、社会の情勢などに沿ったデザインをし、流行しました。

    50年代に入ると、大量生産時代が到来し、ファッションビジネス業界が始まったのはこのころと、言えると思います。
    このころにヨーロッパのデザイナーズブランドとは別に、アメリカントラディショナルなどが流行しました。
    60年代に入るとモッズ、ヒッピー、70年代ではパンクなど、社会に対する運動が行動とともに衣服や装飾品に現れることになりました。
    80年代はレイブファッション、ヒップホップファッション、90年代はグランジファッション、それらは音楽の流れにもファッションが密接に関係していることがわかると思います。

    現在では、流行が移り変わったり、ファッションデザイナーの勢いもさることながら、伝統を重んじるクラシックな仕立て屋さんなどが、ふたたび注目されるなど、個性と個々のスタイルが重んじられています。

原宿職業紹介所 アパレル業界に特化した転職サポート

お電話でのお問い合わせ 03-5474-2355